日高見市場x末永海産について

【三陸の美味しさをそのまま食卓へ
_末永海産株式会社】

末永商店日高見市場を運営する「末永海産」

世界三大漁場のひとつ、三陸・金華山沖を有する宮城県・石巻市で先祖代々、漁師を営む家系から

1975年に納屋を間借りし、「末永商店」としてわかめ事業から始まりました。
(1986年 末永海産株式会社設立)

わかめ、牡蠣、昆布、など三陸・石巻の芳醇な海の恵みをスーパー等の業務用・量販店用に海産物原料を出荷し業績を伸ばしていました。



 

【東日本大震災からの新たな出発】

東日本大震災01 「2011年3月11日 東日本大震災」

甚大な被害に見舞われた石巻市。


 

東日本大震災02 海抜ゼロ地帯にある本社工場も被災。

数ヶ月間、浸水により工場が稼働できない状況の中、

社員3名で新たな出発をしました。



 

末永海産仙台駅店海産物の水揚げが激減し、漁師の数も減り、
これまでのように充分な海産原料が賄えない為

これまでの業務用・問屋向けの商材から
一般消費者向けの 新商品の開発、水産加工品製造を拡大して行き、

2015年。仙台駅構内に直営店をオープン。


 

「何も足さず、何も引かず、三陸そのままを食卓に乗せるお手伝いを」

日高見の国
日高見の国ブランド


震災後、地元石巻の企業が集まり、地元産品を古代の東北地方の呼び名を冠した統一ブランド「日高見の国」を設立。


海産物 代々漁師の家系より受け継がれた
魚介の質を見る確かさや、
漁師、生産者に密着した素材探求を行っております。

日本有数の漁場でとれた新鮮な海産物と
漁師ならではの美味しい食べ方を全国の皆様に味わっていただきたいと
2015年通販サイト「日高見市場」をオープンしました。

三陸・石巻の“浜で食べる味そのまま”を是非お楽しみ下さい。